事前に知っておきたい包茎手術の内容

包茎手術と言っても、その目的は2つに分かれます。

一つは機能面を重視した手術で、この場合は今の状態を改善する事を目的として行われます。もう一つは審美面を重視した物で、この場合は見た目を良くする事を目的として行います。

治療を目的として行う場合の手術

包茎と言っても、実際には3種類に分ける事が出来、その中には手術をどうしても必要とする物も有ります。それが真性包茎とカントン包茎です。

これらは包皮口が狭い為に亀頭を露出する事が出来ない、もしくは亀頭を露出する事が出来てもそのまま亀頭を元の状態に戻す事が出来ない為に壊死してしまう可能性があると言った物です。

そのため、機能的も問題があるので治療を必要とします。この場合に行われる手術は、原因となっている物を取り除く、解決する事を目的として行われる為、狭い包皮口を広げるという事が行われます。

手術内容としては、包皮に切り込みを入れて亀頭を露出する事が出来る状態にする方法となっています。

仮性包茎の為に手術をする場合の内容

仮性包茎の場合は包皮口は広がっており、亀頭を露出する事が出来る状態です。

だから、真性包茎やカントン包茎の様に亀頭を露出させる為に包皮に切り込みを入れるという方法を行う必要は全くありません。しかし実際には包皮が余っているので通常時は亀頭を露出する事が出来ません。

そのため、包茎手術の内容としては余っている包皮を除去する方法が取られる事になります。この場合、余っている包皮はリング状で除去する事になりますが、包皮を切除した後に縫合するという流れで進んで行きます。

除去する部位はその病院によっても違っています。

包茎の状態によっても手術の内容が変わってくる

包茎と一言で言っても、その人によっても状態が違っており、程度も違います。

勿論緊急手術を必要とする場合もありますが、時にはそのまま長期的に放置しておいても何ら問題はない場合もあります。

手術の内容についてはその人の包茎の状態によっても選ぶべき方法が代わり、さらに同じ手術でも病院によって切開する量や包皮を除去する部位が違っている事もあるので、どこでも同じ内容の手術を受ける事が出来るという訳ではありません。

手術を受けたい場合はその病院がどういった内容の手術を行うのかと言う事を予め調べた上で、自分の症状・希望に合った病院を選ぶ事になります。

まとめ

包茎手術の内容は、その人の状態によっても選ぶべき物が変わってくる為、どの人も同じ物を受けるという訳ではありません。

病院では手術前に説明を受ける事になりますが、その際は内容を良く理解する様にし、分からない事は予め質問して解決させてから手術を受けます。